恋の泡沫。

恋愛詩を書くのが大好きな恋する茜のブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 寂しさ。 | main | 忘れられない想い。 >>

繋がれた手。


*****************

いつも繋いでいてくれた手が

いきなりなくなって分かったよ。

あたし、こんだけあなたのこと想ってたんだ。

あなたのこと大切だったんだ。

今更気づいても、もう遅いのに。

*****************
ちょいお久し振りの茜です。
キ○ノンさんなのですが…。
だめになりました。
あたしにはついていけなかった…。
あの体育会系のノリにはついていけず
帰りの車の中でボロボロ泣くし、発作起きるし。
なのでキ○ノンさんはやめることになりました。
応援してくれてた皆さんごめんなさいペコリ(o_ _)o))

それで、昨日面接に行ったのが漫画喫茶。
時間帯は夜勤です。
藍士と丁度同じくらいの時間。
すれ違っていることがとってもとっても寂しくて
考えたのは「自分も同じ時間帯に仕事をする」ことでした。
真夜中に帰るわけじゃないから安心だし。
それに昨日の研修で仲がいいこも何人か出来て
楽しくなりそうです。
仕事もカウンターだから結構楽だし。
なにより藍士と同じ時間帯っていうところに惹かれました。
これですれ違いを回避できるぞ!
今日もお仕事で明日は病院とがっちゃんのいる呉服屋さんにむうみんと行く予定。
藍士もお休みだし、楽しみだぁラブ

ポエム#8アップしました。
よろしくお願いします。

今日の詩に共感してくれたらぽちりとお願いします王冠
日々つれづれ。 | permalink | - | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -
この記事のトラックバックURL
http://utakata1224.jugem.jp/trackback/13
この記事に対するトラックバック